>  > 「強い方が良い 」とのピンサロ嬢の気遣いも、どうでも良くなってきていました。

「強い方が良い 」とのピンサロ嬢の気遣いも、どうでも良くなってきていました。

階段を上がって行くと、恐そうなスタッフに指名の有無を聞かれ、ナシと答えると2千円と言われ、5千円札を出すとポケットの札入れから3千円のおつりを貰えました。すぐに場内に通されましたが、日中だったせいか女の子達6人が場内のソファで雑談をしていて、その前方のソファーに通されました。一人めは後方のソファーで女の子達が雑談をしている中、マイクで呼ばれて登場です。雑談と大きめのBGMで名前は聞き取れず、すぐにズボンを脱ぐように言われました。暑さのせいか勃ちが悪かったので、ピンサロ嬢の身体を触り盛り上げようとしましたが、おっぱいを揉むと「痛い」。おま○こを触ると「強すぎる。」。お尻を揉んだだけで、「爪が当たる。」と、ずっと説教されていましたし、歯が当たりまくりのフェラチオや、後方ソファーの女の子達の雑談もあり、隣のソファーのプレイを見ながらでも全く発射できそうにありませんでした。「強い方が良い 」とのピンサロ嬢の気遣いも、どうでも良くなってきていました。

[ 2014-11-27 ]

カテゴリ: ピンサロ体験談